Luck & PLuck

FootballやMTB、スポーツ、マンガ、海外ドラマなど趣味や興味のあることについてつらつらと日記代わりに書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フロントサスペンションの取り付け

まずは、前のフォークからの下玉押しを
外す作業から取り掛かりましたが、これが抜けない。
いろいろやってみるが、まったく外せる様子がない。
仕方がないので、近くのショップへ預けることに。

作業開始から、いきなりの躓き。

ショップから電話があり、下玉押しが薄いため、
工具を使用しても、どうしても変形してしまうとのこと。
ただし、ベアリングに干渉しないように、上手く削って対応できるらしい。
と、ついでに下玉押しを新しいフォークに圧入するため、
フォークを持ってきてほしいと。

ショップで、外された下玉押しの状態の説明を受け、
圧入の開始。専用工具を当てて、上からどつく。

それから、家に戻って、コラムのカットに移る。
ソーガイドを買おうと思ったけど、まぁ、なくても出来るだろうと、
無駄な自信で、ソーガイドなしで、決行することに。
ただし、やっぱり何もガイドがないのは怖いよねということで、
マスキングテープとビニールテープをカットするラインに沿って、
何重か巻きつけて、のこぎりが不用意に斜めになるのを防ぐ。
多分、ソーガイドでやれば、もっと思い切り出来たかも知れないが、
この方法でも、失敗することなくカットすることが出来た。
30分ぐらい慎重に作業をして、ステムの上部から、3mmほど残して、切断完了。
完全に水平に切断することは出来なかったが、まぁ、OKでしょう。
あとは、ヤスリで調整。

カーボンアンカーナットを挿入し、締めていく。
余談だが、最初使い方が良く分からず、
コラムに挿入したら、抜けなくなった。
死ぬほどびびったね。
無理に押し込むと抜けなくなるから気を付けてください。

次はXlocのネットで見つけたマニュアルに従い、オイルの注入を試みる。
あれ??入らない。いくら押してもオイルが入っていかない。
試しに引いてみる・・・。注入器の中のオイルが増えた!
最初からオイルが入れてあり、
そのままで、動作するようになっていました!
でも、それを知らず、オイルを購入してしまった。
10mlしか必要ないのに、最低販売単位は1000mlのみ。
ちょっぴり、無駄な出費。
でも、Xlocの機構が少し分かったので、良しとしよう。



スポンサーサイト
  1. 2012/05/21(月) 11:05:55|
  2. MTB
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<EURO2012  ドイツ グループリーグ雑感 | ホーム | チューブレスタイヤを装着>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diotheworld.blog50.fc2.com/tb.php/182-9430d774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【フロントサスペンションの取り付け】

まずは、前のフォークからの下玉押しを外す作業から取り掛かりましたが、これが抜けない。いろいろやってみるが、まったく外せる様子がない。仕方がないので、近くのショップへ預けることに。作業開始から、いきなりの躓き。ショップから電話があり、下玉押しが薄いため、...
  1. 2012/05/21(月) 16:30:38 |
  2. まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。