Luck & PLuck

FootballやMTB、スポーツ、マンガ、海外ドラマなど趣味や興味のあることについてつらつらと日記代わりに書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南京事件は無かったのか?

名古屋の河村市長が南京事件はなかったとの発言により、
いろいろと物議を醸し出していますね。

ここでいう南京事件というのは、何を指しているのでしょうか?
通常の戦闘行為、それとも虐殺行為なのか?

通常の戦闘行為はあったのか?
ありました。これは間違いないです。

民間人に死傷者がいたのか?
いるに決まってる。つうか、現代の戦争でも発生するのに、いない訳が無い。
便衣兵は民間人と扱うのか。

軍令による虐殺行為があったのか?
なかったでしょう。
そんな命令は存在していない。
証拠とされる写真はなし(加工された写真は多数)
証言は伝聞。
虐殺された大量の死体はなし。

一部の暴走した兵による虐殺行為はあったのか?
あった可能性がある。つうか、現代の戦争でもある。

南京市は、鉄壁の証拠があると言っているが、
証拠見せれば、それで済むことなのに、
交流を一時停止。

あと、藤村官房長官が、次のように述べてる。
「非戦闘員の殺害、略奪行為などがあったことは否定できない。
村山談話以来、政府の姿勢は変わっていない」
そんなもんあったに決まってる。
これまでの、歴史上の戦争で、非戦闘員の殺害、略奪行為が無かった戦争を教えてくれ。
東京大空襲、広島、長崎も非戦闘員の大量殺害があったことは紛れもない事実なんだから、
アメリカになんか言ってくれ。


ついでに、チベットは独立した国だぞ。
決して中国の領土ではない。
中国は現在進行形で、大虐殺を行っている。

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2012/02/23(木) 00:35:10|
  2. 日記のような
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本×ウズベキスタン 採点 W杯3次予選最終戦(2012年2月29日) | ホーム | 花粉症の薬ザイザル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diotheworld.blog50.fc2.com/tb.php/167-ae42c1fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。